< 2009年08>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Information
プロフィール
春茶
春茶
フードコーディネーター
&調理師
として、
母ママ茶と共に
country dining “まあむ”の
食器類、テーブルまわりのスタイリング担当。
気まぐれでお惣菜や日替わりのメニューの
調理もしております。

         □■□■□■□■□■□

     カントリーダイニング
             『まあむ』
             ◆富岡市宮崎162-2
               (富岡西中学校すぐ近く)
             ◆0274-67-0395

             “お惣菜・お弁当販売”
             “レストラン・喫茶営業”
                     しております♪
            



              【営業時間】
              火~土11:00~16:00
              

             
              ◆営業時間のお知らせ◆
                       
                       
                       ※16時以降も、
                       事前にお電話頂ければ、
                       お惣菜&弁当販売も
                       可能です。
                       ご注文や配達については、
                       お電話でご相談下さい。


                                                                                     【定休日】 日曜・月曜


          □■□■□■□■□■□

            

                                     ◆お知らせ◆
                      
                 お盆・お正月休みの他、
                 臨時休業もございます。
                 ご来店の際は、
                 お電話・ブログでのご確認を
                 お願い致します!
                 
                 
                
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2009年08月17日

出張お料理教室。


まあむの長いお盆のお休みも今日で終えようとしています。


明日からまた、通常営業!
お盆をたっぷりお休みさせていただき、
いよいよ明日から“まあむ”、

いざっ、始動

デス。


さて本日、
春茶にとって始めての試みとなる
“出張お料理教室”
を無事終えましたicon10


今から、かれこれ2ヶ月前。

突然かかってきた一本の電話。


群馬県で、地域の農業普及、
また今まで受け継がれてきた
故郷群馬の伝統の味を守り、
未来に形として残していくなど
幅広い活動されている
『西部農業事務所』の担当者の方から頂いた
出張お料理教室の依頼。



ここ数ヶ月欠かさず綴ってきたブログを
きっかけに頂いたチャンス。
 
そして・・・

フードコーディネーターとしての大きな一歩を踏み出す

貴重な経験をさせて頂くことになったのです。



今回は、現役農家の主婦の方々を対象に、
旬の地場野菜をふんだんに
つかったメニューを4品。

約2時間の中でこれだけのものを全てこなし、
伝えたいことのポイントを抑えて、
スムーズに説明し、一目でみてわかる実演をするには・・・


あれこれとイメトレを繰り返し、
迎えた本番の本日。


今回、このお料理教室のお話をくださった高野さんを初めとし、
参加してくださったみなさんの温かいサポートを受けて
無事に終えることができましたicon12


というわけで、
わきあいあいとした教室の風景を一通りご覧くださいicon13


今回のお料理教室の場所は、
高崎市箕郷にある“農村婦人の家”。

古くからある、調理関係の設備が完璧に整った
広い広い調理室をお借りしました。


ここでは、定期的に
農家の主婦のみなさんが互いにお料理を教え合ったり、
農業の情報交換をしたり、そんな場として使われてきたそうです。



というわけで、みなさん、こちらの調理室の
勝手をよくご存知でなにもかもがすばやく、スムーズicon16





初めの実演を元に、
ちゃきちゃきと料理をこなしていくベテラン主婦さん。


お料理の工程や味も大切ですが、
やっぱり“目で伝わるおいしさ”
意識して、盛り付けにもこだわって頂きます。


これがフードコーディネートの大切なひとつの作業なのです。











各グループでの料理の役割分担も自然とできていて、
みなさんの動きや手さばきには無駄がありません!




↓一見、パエリア風ですが、
こちらが本格中華鍋で作った“マーボーナスの応用編”デス。





いまさらですが、本日のお料理教室の食材は、
みなさんが愛情込めて作られた
自家製の野菜を持ち寄ったものを使っています。

そのため、
デザートの「かぼちゃの茶巾」を作ったときに
すばらしい!と思ったこと。


作られた方やかぼちゃの種類で
同じものを同じ分量で作ったとしても
まるで違う料理が完成したように思えるのが不思議です。


特に、かぼちゃは、当たり外れがあったり、
水分量、色艶、味の個性もさまざまで
ほくほくの味から、しっとした食感に味。
見ているだけでたのしくなっちゃいます。








バンバンジーも彩りがキレイです。
盛り付ける器やちょっとした盛り方で
印象がまったく変わります。





慌てて撮ったので、
なんともわかりずらいブレた写真になってしまいましたが・・・icon10
本日、作った全4品がこちら↓





中央下:たっぷりきのこと厚揚げがはいった
『マーボーナス丼』(応用編)

左上:ピリっ辛!『トマトとチキンのバンバンジー』

中央:『かぼちゃのデザートサラダ』(茶巾絞り)

右上:『トマト玉とズッキーニのさっぱり中華炒め』


最後の最後はおたのしみの試食会。





とても充実した新鮮な時間を過ごすことができ、icon01
新たな出会いの中からたくさん学んだ日でもありました。


また明日からの活力を蓄えた一日なのです。


※今回のお料理教室は、
「上毛新聞」さんと「日本農業新聞」さんからの
取材を受けちゃいました♪
近々、掲載される予定ですicon14










  


Posted by 春茶 at 23:30Comments(3)お料理教室。